巻き爪を皮膚科で思い切って治そう

また足の親指が痛くなってしまった、という人もたくさんいると思います。巻き爪というのは一度なってしまうとやっかいなものです。始めのうちは、軽く炎症を起こして赤くなるくらいで済みますが、だんだんとひどくなっていき、最終的には歩くことさえ困難になるのです。

でも、少し指先が痛いだけで病院に行くのも気が引けてしまうのが人情です。ところが、皮膚科では様々な治療方法で巻き爪を改善・完治してくれるのです。

特に新宿にはたくさんの皮膚科があり、いろんな症状に対処してくれます。まずはネットで新宿駅近辺の皮膚科の口コミを参考にして見ましょう。

軽症ですと、ステロイド剤を塗り、抗生剤を内服します。もう少し進んでいる場合は、爪が食い込まないようにテーピングをしたり、巻いている爪を徐々に平らにするべく爪の両端に穴をあけてワイヤーで矯正していきます。ここまでは麻酔などは不要です。残念ながら重症となってしまったら、麻酔をして巻いている部分を取り除きます。

皮膚科では軽症の方もウェルカムなのですから、しりごみせず、重症にならないうちに早目に診てもらって快適に歩ける生活をしたいですね。